NY外為:ユーロも上値抑制、ラガルドECB総裁は金融緩和継続を表明

2021年2月11日 01:48

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*01:48JST NY外為:ユーロも上値抑制、ラガルドECB総裁は金融緩和継続を表明

NY外為市場では域内の経済が依然弱く、ECBが当面金融緩和を継続するとの見方にユーロの上値が抑制された。欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁はウェブ上の講演で「ECBは金融緩和策を維持する必要がある」としたほか、「ECBがインフレを懸念するまでにはかなりの時間がかかる」と述べた。また、デコス・スペイン中銀総裁も「ユーロ圏の景気回復は弱い、下振れリスクに直面している」と悲観的な見通しを示している。

ユーロ・ドルは米国の消費者物価指数の低下を受けたドル売りに1.2115ドルから1.2140ドルまで上昇したが、上値も重く伸び悩んだ。
ユーロ・円は127円06銭から126円88銭へ下落。ユーロ・ポンドは0.8752ポンドから0.8767ポンドのレンジで推移した。《KY》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース