綿半ホールディングスは「地酒・ワインフェスティバル」を開催

2021年2月6日 08:43

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

綿半ホールディングス<3199>(東1)は、同社グループでは、お酒を通じて顧客に地域の魅力を再発見してもらうために、酒造メーカーの協力により、日本酒やワイン等の地酒を販売するとしている。

綿半ホールディングス<3199>(東1)は、同社グループでは、お酒を通じて顧客に地域の魅力を再発見してもらうために、酒造メーカーの協力により、日本酒やワイン等の地酒を販売するとしている。[写真拡大]

写真の拡大

■地域の蔵元・ワイナリー29社が参加し、計119銘柄を販売

 綿半ホールディングス<3199>(東1)は、同社グループでは、お酒を通じて顧客に地域の魅力を再発見してもらうために、酒造メーカーの協力により、日本酒やワイン等の地酒を販売するとしている。地域の蔵元・ワイナリー29社が参加し、計119銘柄を販売する。普段店頭に並ばない商品も取り揃える。

<地酒・ワインフェスティバル>  販売商品:地域の蔵元・ワイナリーの日本酒やワインなど、合計29社・119銘柄を販売。各店舗7~50銘柄ほど。 販売期間:~2月28日(日)まで。期間は変更になる場合がある。販売先:綿半スーパーセンター、綿半ホームエイド各店舗(富士河口湖店、国分寺店、万力店、長坂店、小鹿野店、坂戸店は除く)販売状況などの問合せは各店舗へ。店舗一覧はこちら(URL:https://watahan.jp/shops/index.html)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
GMOグローバルサイン・ホールディングスは高値に接近、20年12月期増収増益予想(2020/09/30)
夢真ホールディングスは戻り試す、20年9月期増収増益予想(2020/09/30)
ジーニーは調整一巡、21年3月期黒字化予想(2020/09/29)
【特集】上方修正や好決算の発表銘柄から中国関連と証券株に「まだはもうなり」の可能性(2020/10/19)
【特集】テレワークの恩恵、ハウスビルダー株に注目(2020/10/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告