環境管理センターは業績予想の大幅増額など好感され後場も大きく出直って活況

2021年2月1日 14:14

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■コロナ禍でも受注好調で受注残物件の売り上げも順調

 環境管理センター<4657>(JQS)は2月1日の後場、6%高の454円(25円高)で始まり、前場に続いて大きく出直ったまま活況高となっている。

 前週末取引日(1月29日)の16時に第2四半期決算と今期・2021年6月期の連結業績予想の修正(増額修正)を発表。6月通期の連結営業利益は従来予想を4701%上回る2.50億円の見込みなどとし、注目再燃となった。

 これまでの業績予想については「保守的に想定」(発表リリースより)していたが、コロナ禍においても「土壌調査やコンサルタント等の受注が好調に推移し、前期受注残物件の売上も順調に推移」(同)しているとした。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【特集】資源関連株の「温故知新」相場も一考余地(2020/08/03)
【注目銘柄】テクノフレックスは2Q上ぶれ着地業績に5G関連人気がオンして続急伸(2020/10/07)
【注目銘柄】大木ヘルスケアは1Q好業績を見直して2Q決算発表に期待を高めて小反発(2020/10/15)
【編集長の視点】コーナン商事は連続最高純益を手掛かりにHC業界の最割安株買いが再燃し急反発(2020/10/22)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事