ワイモバイルのPHS終了

2021年2月1日 07:44

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

gf1e 曰く、 ワイモバイルのPHSサービスが、テレメタリングプランを除いて1月31日で終了する(PHSのサービス終了のご案内)。

元々は昨年7月31日に終了する予定であったが、COVID-19の影響でPHSから携帯電話への移行手続きが難しい状況になったことで半年間延期されていた。これで、1995年にサービスが始まった日本国内のPHSは一般向けのサービスが全て終了する。

 一方、あるAnonymous Coward 曰く、

 Y!mobileのPHS25年史によると、1995年7月にサービスを開始すると低料金が受けて若者を中心に大ヒット。その後は携帯電話との競争に押され、時折盛り返したもののサービス終了となった。サービス開始から今日まで、Pメール、DataScope(京セラ製の多機能端末)、Airエッジつなぎ放題(定額制インターネットの先駆け)、「AH-K3001V」(京セラ製端末、「京ぽん」の愛称で親しまれた)、ウィルコム定額プラン(定額通話サービスの先駆け)、だれとでも定額(他社携帯電話との定額通話サービスの先駆け)、もう一台無料キャンペーンなど、業界初を含め意欲的な技術、サービス、製品を提供してきた。

個人的には、現在の携帯電話すら上回る音質の良さや低価格での通話、SMS、メールの定額サービスが魅力で、ぎりぎりまで使い続けた。「京ぽん」も気に入って長く使った。

停波まで使い続ける方はいるだろうか(もしいたら停波の瞬間をレポートしてほしい)。皆様のPHSの思い出やエピソード、気に入った製品やサービスは何だっただろうか。移行後はどの会社や製品にした(する)だろうか。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | 日本 | 携帯電話

 関連ストーリー:
ワイモバイルのPHSサービス、SARS-CoV-2感染拡大を受けて提供終了を延期 2020年04月19日
PHS、2023年3月末ですべてのサービスが終了 2019年04月26日
東京テレメッセージ、2019年9月末でポケベルのサービス終了 2018年12月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード京セラワイモバイル

関連記事

広告