大阪金概況:下落、リスク資産選好継続

2021年1月25日 16:05

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:05JST 大阪金概況:下落、リスク資産選好継続
大阪取引所金標準先物 21年12月限・日中取引終値:6182円(前日日中取引終値↓24円)

・推移レンジ:高値6214円-安値6182円

25日の大阪取引所金標準先物(期先:21年12月限)は下落した。今日の東京市場で日経平均は朝方下げる場面があったものの押し目買いに底堅く推移し、投資家のリスク資産選好が継続。安全資産とされる金が売られやすい地合いが継続した。一方、ドルの総合的な価値を示すドルインデックスが軟調な動きで、ドルの代替投資先とされる金の価格下支え要因となり、今日の金先物は売り優勢の展開ながら下げ幅は限定的だった。《FA》

関連記事