NY金:小幅安、換金目的の売りが増える

2021年1月23日 07:00

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:00JST NY金:小幅安、換金目的の売りが増える
COMEX金2月限終値:1856.20 ↓9.70

22日のNY金先物2月限は小幅安。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物2月限は、前営業日比-9.70ドルの1オンス=1856.20ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは、1836.30ドル−1870.80ドル。アジア市場の序盤で1870.80ドルまで買われたが、まもなく反落。ニューヨーク市場の序盤にかけて1836.30ドルまで下げ幅は拡大した。安全資産である米国債の需要が増えており、金先物は換金目的の売りに押された。債券買い・金売りとみられる取引も観測された。《MK》

関連記事

広告

財経アクセスランキング