DeFiプロジェクト「MCDEX」【フィスコ・暗号資産コラム】

2021年1月22日 14:58

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:58JST DeFiプロジェクト「MCDEX」【フィスコ・暗号資産コラム】
MCDEXは中国発のEthereum基盤の分散型取引所であり、最大10倍までレバレッジ可能なETH-PERPなどといった無期限契約のデリバティブ商品を扱っている。2020年8月時点でMCDEXのTVLは1,800万ドルを超えていたが、現在は100~200万ドル近辺で推移している(DefiPulse、1月22日時点)。

MCDEXでは、AMM(自動マーケットメーカー)で他のオンチェーンのスマートコントラクトからの流動性の入り口を確保しつつ、オフチェーンで注文板を提供する。DEXの課題であった分散型と効率性の両立を、2つのシステムを組み合わせることで実現しているという。メーカー手数料は-0.025%、テイカー手数料は0.075%である。

2020年7月8日より、MCDEXの基盤トークンであるMCBは、MCDEXへの流動性プロバイダーに配布されている。25%が設立チームと初期投資家、25%がMCDEXファウンデーションに分配され、残りの50%はユーザーにインセンティブとして配布される。なお、ユーザーへの配布分は年間5%までとされている。

MCBを保有するインセンティブは、ガバナンスへの参加権である。MCBの価値を上げる目的から、MCDEXの手数料は全てMCBの買い上げと弁済に充当されるため、MCBの供給量は徐々に減少する。2021年に入ってからは、トークン価格が上昇し、出来高も拡大している。

出所:Coin Market Cap《RS》

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • Audi Q2。画像は欧州仕様(画像: アウディ・ジャパンの発表資料より)
  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース