パナソニック 急伸、固定費削減の高進捗評価で米系証券では目標株価引き上げ

2021年1月22日 14:10

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:10JST パナソニック---急伸、固定費削減の高進捗評価で米系証券では目標株価引き上げ
パナソニック<6752>は急伸。モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断「オーバーウェイト」継続で、目標株価を1400円から1700円に引き上げている。第2四半期実績からは固定費削減が市場想定以上に進捗しており、21年度からの新経営体制の始動によって、市場予想を幅に上回る利益拡大の実現確度が高まるとみている。21年3月期営業利益は3453億円を予想のようだ。なお、住友金属鉱山<5713>の正極材増産報道などもプラス視とみられる。《HH》

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • Audi Q2。画像は欧州仕様(画像: アウディ・ジャパンの発表資料より)
  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース