資生堂 大幅続伸、日用品事業の売却報道を評価材料視

2021年1月22日 10:52

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:52JST 資生堂---大幅続伸、日用品事業の売却報道を評価材料視
資生堂<4911>は大幅続伸。ドラッグストアやスーパーなどの量販店向けに展開する低価格帯のヘアケアやスキンケア、ボディーケア製品などの日用品事業を、欧州系投資ファンドのCVCキャピタルに売却する方向で最終調整に入ったと報じられている。売却価格は1500-2000億円となる見込みのようだ。同事業は競争激化などを踏まえて非中核事業と位置づけており、事業の選択と集中に向けた思い切った構造改革として評価の動きが優勢に。《ST》

関連記事

広告

財経アクセスランキング