那須電機鉄工が一段高、記録的な豪風雪でメンテナンス需要が増えるとの見方

2021年1月20日 10:46

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■昨年12月から「水素エネ」「5G」関連株として値動きが一変

 那須電機鉄工<5922>(東2)は1月20日、続伸一段高となり、7%高の1万7640円(1170円高)まで上げて2日連続2019年以来の高値を更新した。

 通信用鉄塔、アンテナ架台などの通信設備、電力流通設備、交通インフラに関連する事業を行い、メンテナンスも実施。記録的な豪風雪が昨年末から断続的に発生していることを受け、今来期は交換需要やメンテナンス需要が増えるとの見方が出ている。

 株価は、昨年12月初に「水素吸蔵合金を用いた水素ガス高圧化の実証について」を発表した直後から値動きが一変し、「温暖化ガス排出ゼロ・水素エネ」「5G」関連株として注目されている。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
テンポイノベーションは戻り試す、21年3月期は新型コロナ影響だが中期成長期待(2020/10/23)
クリーク・アンド・リバー社は売り一巡、21年2月期2桁増収増益予想(2020/10/22)
【特集】上方修正や好決算の発表銘柄から中国関連と証券株に「まだはもうなり」の可能性(2020/10/19)
【特集】テレワークの恩恵、ハウスビルダー株に注目(2020/10/12)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告