iOS 14.4 ベータ2、非正規のカメラへの交換を警告するコード見つかる

2021年1月16日 20:30

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

先日提供が始まったiOS 14.4 ベータ2で、カメラモジュールが非正規品に交換されたことを警告するコードが発見されたそうだ(Mac Rumorsの記事)。

警告メッセージの内容は、「このiPhoneで正規のApple製カメラが使用されていることを確認できません」といった内容で、「設定」の「一般→情報」やロック画面に短期間表示されるとみられる。iFixitでは2台のiPhone 12でカメラを入れ替えると動作がおかしくなることを確認し、カメラを交換した場合はAppleのシステム設定ツールを実行する必要があることをAppleの内部ドキュメントで確認していた。iOSには非正規バッテリーや非正規ディスプレイの警告を表示する機能が既に搭載されている。 

スラドのコメントを読む | YROセクション | DRM | アップル | iOS

 関連ストーリー:
外見の似たiPhone 12とiPhone 12 Pro、中身もよく似ていた 2020年10月28日
iPhone 8そっくりの新iPhone SE、パーツの互換性は? 2020年04月29日
フランス当局、バッテリーの劣化したiPhoneの意図的なパフォーマンス低下問題でAppleに2,500万ユーロの罰金 2020年02月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiOSAppleiPhoneMaciFixitiPhone 12iOS 14

関連記事

広告