東京為替:1ドル103円80銭台、バイデン次期政権、1.9兆ドルの追加景気対策

2021年1月15日 09:18

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:18JST 東京為替:1ドル103円80銭台、バイデン次期政権、1.9兆ドルの追加景気対策
午前の東京外為市場でドル・円は1ドル=103円80銭台で推移。バイデン次期政権は、1.9兆ドルの追加景気対策を公表方針とロイターが報じている。家計への直接給付1兆ドルや中小企業などへ4400憶ドルを配分するもようだ。国民への現金給付は1400ドルと前回の600ドルとあわせて2000ドルとなる。

一方、東京株式市場は日経平均が79.49円高と寄り付き近辺の値動きでの推移となっている。指数に寄与度の高いソフトバンクG<9984>は上昇しているが、ファーストリテイリング<9983>は小幅安しており、様子見ムードが強いようだ。なお、東京エレクトロン<8035>は4%を超える上昇となっている。《FA》

関連記事

広告

財経アクセスランキング