東京為替:ドル・円は動意薄、材料難で様子見

2021年1月14日 14:07

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:07JST 東京為替:ドル・円は動意薄、材料難で様子見

14日午後の東京市場でドル・円は104円付近と、動意の薄い値動き。具体的な手がかりが乏しく、積極的な売り買いは手控えられているもよう。日経平均株価は上げ渋り、円売りは抑制された。一方、米10年債利回りの高水準と今晩の株高観測で、ドルは売りづらい。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は103円79銭から104円20銭、ユーロ・円は126円23銭から126円49銭、ユーロ・ドルは1.2136ドルから1.2172ドル。《TY》

関連記事