【株式市場】米ハイテク株高など好感され日経平均は前引けにかけて394円高、30年ぶりの高値を更新

2021年1月14日 12:20

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◆日経平均は2万8849円01銭(392円42銭高)、TOPIXは1880.40ポイント(16.00ポイント高)、出来高概算(東証1部)は6億5128万株

 1月14日(木)前場の東京株式市場は、NY市場でのハイテク株高などを受けて東京エレクトロン<8035>(東1)やTDK<6762>(東1)などが次第高の連騰となり、日経平均の上げを牽引。日経平均は朝寄り直後の45円01銭安(2万8411円58銭)を下値に急伸商状となり、前引けにかけて393円95銭高(2万8850円54銭)まで上げて1990年8月以来の高値に進んだ。

 日経平均の先物に大量の買い戻しが発生とされた上、日経平均に連動型の野村NF日経平均レバレッジ<1570>(東1)や楽天ダブルブル<1458>(東1)が買われ、逆連動型のダブルインバース<1357>(東1)には投げが発生しているとされ、運用元の先物への買いがさらに増え、日経平均の上げを増幅させる構図になったもよう。

 イワキ<8095>(東1)やエスプール<2471>(東1)、吉野家HD<9861>(東1)は好決算や配当増額、新中期計画、業務提携などが材料視されて急伸。 リミックスポイント<3825>(東2)はビットコイン相場の大幅高などが言われて急伸。マクビーP<7095>(東マ)は証券会社による投資判断などが言われて急伸。燦キャピタルM<2134>(JQS)は光触媒による空気清浄機が注目され出直り拡大。

 東証1部の出来高概算は6億5128万株、売買代金は1兆4205億円。1部上場2188銘柄のうち、値上がり銘柄数は1108銘柄、値下がり銘柄数は962銘柄。

 また、東証33業種別指数は26業種が値上がりし、ゴム製品、証券/商品先物、情報/通信、サービス、銀行、建設、機械、などが高い。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは調整一巡、20年3月期営業増益予想で3Q累計順調(2020/02/18)
【特集】約1カ月ぶりに再開されるIPOの類似関連銘柄に注目(2020/01/27)
【特集】意外な業績好調銘柄とコロナウイルス関連に上乗せの花粉症関連銘柄をマーク(2020/01/27)
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】イワキのCSRは「小さな社会貢献活動」として地道に継続(2020/02/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • Audi Q2。画像は欧州仕様(画像: アウディ・ジャパンの発表資料より)
  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース