スタジオアタオ 大幅に反発、21年2月期第3四半期の営業利益62.9%減も通期予想上回る/新興市場スナップショット

2021年1月14日 09:35

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*09:35JST <3550> スタジオアタオ 466 +25
大幅に反発。21年2月期第3四半期累計(20年3-11月)の営業利益を前年同期比62.9%減の2.58億円と発表している。新型コロナウイルスの感染拡大に伴う臨時休業や消費者の外出自粛のほか、積極投資などが響いて利益が圧迫された。通期予想は前期比73.4%減の2.10億円で据え置いたが、第3四半期累計時点で既に上回っており、会社計画を超過達成するとの期待から買いが入っているようだ。《HH》

関連記事

広告

財経アクセスランキング