東京為替:ドル・円は104円台に戻す、米長期金利上昇でドル下げ渋りも

2021年1月11日 08:50

印刷

記事提供元:フィスコ


*08:50JST 東京為替:ドル・円は104円台に戻す、米長期金利上昇でドル下げ渋りも
11日午前の東京市場でドル・円は、104円05銭近辺で推移。米国の雇用回復のペースは鈍っているが、米長期金利は上昇基調を維持しており、目先的にドルは下げ渋る状態が続くとみられる。ここまでの取引レンジは、ドル・円は103円89銭から104円10銭で推移。ユーロ・円は126円83銭から127円09銭で推移、ユーロ・ドルは1.2186ドルから1.2229ドル。

・NY原油先物(時間外取引):高値52.71ドル 安値52.31ドル 直近52.42ドル

【売買要因】
・新型コロナウイルスの変異種の感染拡大
・英国と欧州連合(EU)による自由貿易協定の暫定発効
・米国分断懸念、社会不安《FA》

関連記事