日経平均は57円安、米国経済統計にも関心

2021年1月6日 14:25

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:25JST 日経平均は57円安、米国経済統計にも関心
日経平均は57円安(14時25分現在)。日経平均寄与度では、ファーストリテ<9983>、東エレク<8035>、エムスリー<2413>などがマイナス寄与上位となっており、ファーストリテが1銘柄で69円程押し下げている。一方、ソフトバンクG<9984>、KDDI<9433>、ファナック<6954>などがプラス寄与上位となっている。セクターでは、その他製品、電気機器、化学、精密機器、食料品が値下がり率上位、鉱業、海運業、石油石炭製品、銀行業、保険業が値上がり率上位となっている。

日経平均は一時156円安まで下げたが、その後は下げ渋っている。今晩、米国で12月ADP全米雇用リポート発表とFOMC議事要旨公表、7日は12月ISM非製造業景況指数発表、そして8日に米雇用統計発表が予定されており、これらの結果を見極めたいとする向きもある。《FA》

関連記事

広告