東京為替:ドル・円は弱含み、クロス円で円買い

2020年12月21日 12:02

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*12:02JST 東京為替:ドル・円は弱含み、クロス円で円買い

21日午前の東京市場でドル・円は弱含み。新型コロナウイルスのまん延や変異種の発見などで日経平均株価が前週末比100円超下げ、リスク回避的な円買いが先行。ポンド・円主導でクロス円が値を下げ、ドル・円は追随して一時103円20銭台に沈んだ。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は103円27銭から103円56銭、ユーロ・円は125円91銭から126円59銭、ユーロ・ドルは1.2178ドルから1.2235ドル。

【金融政策】
・中国人民銀行・1年物ローンプライムレート(LPR)を3.85%に据え置き

【要人発言】
・菅政権関係者
「菅首相はドルが100円を割り込まないようにしている」(報道)《TY》

関連記事

広告