【特集】11月以降に増配・復配発表銘柄は28社、浮上開始の展開へ

2020年12月21日 09:06

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 11月以降に増配、復配を発表した銘柄はザっと28社に達しており、ツバキ・ナガシマ並みに高評価される銘柄も出てきそうだ。また東証全市場ベースの高配当利回りランキングの上位にランクインしている12月期決算会社は、上から20番目の銘柄でも、年間配当利回りが3.93%となっており、バリュー株妙味を示唆しており、12月28日の権利付き最終日に向け浮上を開始する展開も想定される。

■12月期配当の増配銘柄は業績上方修正、株式分割などの側面支援材料も

 今12月期配当を増配した28銘柄は、ほとんどが業績の上方修正と配当異動との同時発表だが、これにさらにプラスアルファとなった銘柄も含まれる。今年12月31日を基準日に株式分割(1株を2株に分割)を実施するのはサイバーリンクス<3683>(東1)とアイ・エス・ビー<9702>(東1)で分割と配当の権利取りが相乗する。またGMOペパボ<3633>(東1)は、今年12月11日に東証第1部に指定替えされたばかりで関連需給思惑がオンする。またシノケングループ<8909>(東1)は、業績は下方修正したが年間配当は41円に増配し配当利回りは3.58%にアップする。

 増配により配当利回りが市場平均を上回る銘柄は、PER評価での市場平均を下回り、それこそキャピタル・ゲイン妙味をも示唆する二刀流銘柄となる。配当利回りが高い順に並べると、ハウスフリーダム<8996>(福Q)の4.51%を筆頭に高橋カーテンウォール<1994>(JQS)、やまびこ<6250>(東1)、コスモ・バイオ<3386>(JQS)、荏原実業<6328>(東1)、ベルパーク<9441>(東1)、ヤマハ発動機<7272>(東1)、K&Oエナジーグループ<1663>(東1)の2.08%まで続く。スター精密<7718>(東1)は、かなり割高なPERとなるが、配当利回りは3.53%と高い。

■ランキング上位20銘柄はキャピタル・ゲイン妙味内包の二刀流

 12月期決算会社の高配当利回りランキングでは、トップ20は第1位のJT<日本たばこ産業、2914>(東1)の年間配当利回り7.02%から20位のCDS<2169>(東1)の3.93%まで続く。このなかでより注目されるのは、PER面で割安な銘柄で、インカム・ゲインとともにやはりキャピタル・ゲイン妙味内包の二刀流銘柄となるためだ。前項で記した期末配当を増配したハウスフリーダム、高橋カーテンウォールも含まれるが、このほか配当利回り順に低PER銘柄を上げるとJT、ファンコミュニケーションズ<2461>(東1)、ワールドホールディングス<2429>(東1)、日本電気硝子<5214>(東1)、日本エスコン<8892>(東1)、横浜ゴム<5101>(東1)、ヒノキヤグループ<1413>(東1)と絞られる。バリュー株人気増幅が期待される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
エフティグループは調整一巡、20年3月期営業増益予想で3Q累計順調(2020/02/18)
【特集】約1カ月ぶりに再開されるIPOの類似関連銘柄に注目(2020/01/27)
【特集】意外な業績好調銘柄とコロナウイルス関連に上乗せの花粉症関連銘柄をマーク(2020/01/27)
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】イワキのCSRは「小さな社会貢献活動」として地道に継続(2020/02/04)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告