欧州委員会、GoogleによるFitbitの買収を承認

2020年12月19日 16:35

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

欧州委員会は17日、GoogleによるFitbitの買収を承認した(プレスリリースThe Vergeの記事Neowinの記事9to5Goolgeの記事)。

GoogleとFitbitはGoogleがFitbitを買収することで最終合意に達したことを2019年11月に発表しているが、欧州委員会ではGoogleがユーザーデータを広告に使用する可能性や、競合製品を販売するOEMに不利な扱いをする可能性について懸念を示していた。今回の決定は、Googleが示した買収後のデータ取扱い等に関する約束により、ウェアラブルや新しいデジタルヘルスに関する市場における自由競争が保たれると判断したためだという。
Googleの約束は以下のようなものだ。広告に関する約束Googleは腕時計型のウェアラブルデバイスやその他のFitbitデバイスが欧州経済領域(EEA)のユーザーから収集したデータを広告に使用しない 
 Googleが広告に使用するデータとFitbitのユーザーデータを分離して保存する 
 GoogleアカウントやFitbitアカウントに保存した健康状態に関するデータを他のGoogleサービスで使用するかどうか、EEAのユーザーが確実に選択できるようにするWeb APIでのアクセスに関する約束ソフトウェアがFitbit Web APIを通じ、ユーザーの健康状態に関するデータに無料かつユーザーの合意のもとにアクセスし続けられるようにするAndroid APIに関する約束Android OEMに対し、腕時計型ウェアラブルデバイスがAndroidスマートフォンと相互運用するのに必要な現行のコア機能をすべて含む公開APIを無償でライセンスし続ける 
 相互運用コアAPIをAndroid Open Source Project(AOSP)の外で二重化するなど、Android APIに関する約束を迂回しない 
 将来追加される機能もウェアラブルデバイスのOEMが利用できるようにし、Google Mobile Services(GMS)を含め、AOSPの一部でないすべてのAndroid APIへのアクセスを許可する 
 警告や許可を求めるメッセージの表示や、Google Playストアでのコンパニオンアプリ公開などについて、OEMに差別的な扱いをしない

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | ハードウェア | Google | ソフトウェア | EU | スラッシュバック

 関連ストーリー:
Google、CloudreadyのNeverware社を買収。古いPCをChromebook化 2020年12月18日
米連邦取引委員会や州司法長官らFacebookを独占禁止法違反で提訴。インスタ分離などを求める 2020年12月11日
Pebbleスマートウォッチ延命プロジェクト、ソフトウェア開発者への資金援助プログラム「Rebble Grants」を発表 2020年09月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleAndroid欧州委員会ウェアラブル端末買収Google Play

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型NX(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 新型ランドクルーザー(300系)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • (c) 2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
  • タント特別仕様車 楽天イーグルス エディション ⓒRakuten Eagles
  • Photo:スカイライン打倒を果たした「第6回富士TT」で激走する加茂・増田組サバンナ(マツダレース委員会アーカイブ)
  • © 2021 Universal Pictures
  • レクサスの特別仕様車3種と松山英樹選手(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース