ノーベル ウィーク、多くのイベントがオンライン視聴可能に

2020年12月2日 09:17

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 ノーベル賞授賞式やノーベル賞受賞者によるレクチャーなどは以前からストリーミング配信されていたが、今年のノーベル ウィークでは展覧会やコンサートなどを含めて多くのイベントがオンラインで視聴可能になる(Nobel Week 2020)。

今年のノーベル賞授賞式はCOVID-19パンデミックの影響を受け、賞状とメダルの授与が日本時間8日と9日に受賞者の居住国のスウェーデン大使公邸や受賞者の自宅などで行われる。授賞式はノルウェー・オスロで日本時間10日21時から(平和賞)、スウェーデン・ストックホルムで11日0時30分から行われ、授与の模様が放映されることになる。前者はnobelprize.orgで、後者はノーベル賞のソーシャルメディア各チャンネルでライブ中継されるとのこと。

今年の生理学・医学賞受賞者によるレクチャーは12月7日21時(日本時間、以下同)から、12月8日には文学賞受賞者(1時)、物理学賞受賞者(17時)、化学賞受賞者(19時)、経済学賞受賞者(21時)によるレクチャーが行われる(The Nobel Lectures 2020)。文学賞受賞者のルイーズ・グリック氏のレクチャーは8日1時にテキスト版が公開され、そのほかのレクチャーはnobelprize.orgでストリーミング配信される。10日にはアンドレア・ゲズ氏(物理学賞)とエマニュエル・シャルパンティエ氏(化学賞)を迎えたポッドキャストも配信されるそうだ。

ロイヤル ストックホルム フィルハーモニー管弦楽団によるコンサート「Nobel Prize Concert」は指揮にステファヌ・ドゥネーヴ、ソリストにピアニストのイゴール・レヴィットを迎え、9日3時開演。無観客講演となるコンサートはnobelprize.orgやノーベル賞のYouTubeチャンネルなどでライブ配信される。

このほか、5日から13日のノーベル ウィーク期間中ストックホルム各所の建物がライトアップされる光のインスタレーション「Nobel Week Lights」はnobelweeklights.seで見ることができ、今年の平和賞受賞者、国連の世界食糧計画(WFP)に関する写真展「Nobel Peace Prize Exhibition 2020」はNRKのWebサイトで10日からデジタル版が公開されるとのことだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | ビジネス | バイオテック | 医療 | 音楽 | 書籍 | サイエンス | 政治 | 宇宙 | お金

 関連ストーリー:
2020年ノーベル経済学賞はオークション理論を発展させた米国の2氏が受賞 2020年10月13日
2020年ノーベル平和賞は国連の世界食糧計画が受賞 2020年10月10日
2020年ノーベル文学賞は米詩人ルイーズ・グリック氏が受賞 2020年10月09日
2020年ノーベル化学賞はゲノム編集ツールを開発した2氏が受賞 2020年10月08日
2020年ノーベル物理学賞はブラックホールに関する重要な発見をした3氏が受賞 2020年10月07日
2020年ノーベル生理学・医学賞はC型肝炎ウイルスを発見した米国と英国の3氏が共同受賞 2020年10月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード

関連記事