タカショー 大幅続落、第3四半期大幅増益決算も材料出尽くし感優勢

2020年11月27日 11:10

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*11:10JST タカショー---大幅続落、第3四半期大幅増益決算も材料出尽くし感優勢
タカショー<7590>は大幅続落。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は11.2億円で前年同期比96.5%増益、通期計画の10.1億円、前期比90.0%増を超過する形になっている。国内外でのガーデニング需要の高まりが好業績の背景に。ただ、上半期実績は8.2億円で前年同期比2.1倍となっていたため好業績は織り込み済み、直近では期待感が高まっていたこともあり、短期的な出尽くし感が先行する状況になっているようだ。《ST》

関連記事