26日の日本国債市場概況:債券先物は152円10銭で終了

2020年11月26日 17:39

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:39JST 26日の日本国債市場概況:債券先物は152円10銭で終了
<円債市場>
長期国債先物2020年12月限
寄付152円17銭 高値152円18銭 安値152円09銭 引け152円10銭
売買高総計15229枚

2年 418回 -0.150%
5年 145回 -0.110%
10年 360回 0.020%
20年 174回 0.385%

債券先物12月限は、152円17銭で取引を開始。日経平均株価の上昇、超長期債の増発警戒、来週以降に入札を控えていることなどから売りが優勢になり、152円18銭から152円07銭まで下げた。現物債の取引では、2年債が買われ、5年債、10年債、20年債が売られた。

<米国債概況>
休場。

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は-0.57%、英国債は0.31%、オーストラリア10年債は0.91%、NZ10年債は0.88%。(気配値)


[本日の主要政治・経済イベント]
・18:00 ユーロ圏・10月マネーサプライ(前年比予想:+10.3%、9月:+10.4%)
・米国休場(感謝祭)《KK》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • Audi Q2。画像は欧州仕様(画像: アウディ・ジャパンの発表資料より)
  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース