【株式市場】日経平均は後場の中頃から一段と上げ一時263円高となり29年ぶりの高値圏を大幅続伸

2020年11月26日 15:43

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◆日経平均は2万6537円31銭(240円45銭高)、TOPIXは1778.25ポイント(10.58ポイント高)、出来高概算(東証1部)は11億6400万株

 11月26日(木)後場の東京株式市場は、引き続き半導体関連株がジリ高を続けたほか、TDK<6762>(東1)や太陽誘電<6976>(東1)も次第高。日経平均は、自動車株の軟調などでまえ引けを下回る120円高で始まったが、13時半過ぎから上値を追い263円17銭高(2万6560円03銭)まで上げ、29年ぶりの水準で大幅続伸となった。

■新規上場のジオコードは買い気配のまま初値つかず

 後場は、任天堂<7974>(東1)も上げ幅を拡大し、新ゲーム増産の観測などで活況高。Abalance<3856>(東2)は脱炭素社会関連株とされ第1四半期の大幅増益や10月以降の値動きも材料視され一段高。イード<6038>(東マ)は「バーチャルキー」が24時間レンタカーサービスに採用との発表を受け買い気配のままストップ高。

 今日新規上場のジオコード<7357>(JQS)は前後場とも買い気配のまま売買が成立せず、大引けは気配値のまま上がる場合の本日上限の2875円(公開価格1250円の2.3倍)で買い気配。

 東証1部の出来高概算は11億6400万株(前引けは5億7881万株)、売買代金は2兆4792億円(同1兆2281億円)。1部上場2178銘柄のうち、値上がり銘柄数は1299(前引けは1276)銘柄、値下がり銘柄数は791(同810)銘柄。

 また、東証33業種別指数は20業種(前引けも20業種)が値上がりし、値上がり率上位は、その他製品、情報/通信、精密機器、電気機器、鉱業、サービス、医薬品、小売り、その他金融、化学、金属製品、などとなった。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【注目銘柄】ロードスターは年初来高値に肉薄、海外不動産ファンド進出報道でバリュー株買いが再燃(2020/10/14)
【編集長の視点】AMBITIONは増益転換業績の確認を1Q決算開示時に期待して続伸(2020/10/21)
【注目銘柄】トーメンデバイスは決算発表を先取りし割安ハイテク株買いが再燃し急反発(2020/10/07)
【編集長の視点】綿半HDは分割落ち後安値も2Q決算発表を先取り巣ごもり関連株買いの好機(2020/10/13)
【注目銘柄】日電子材料は2Q決算発表を前に割安ハイテク株買いが再燃し反発(2020/10/20)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング