首相、「観客想定して様々検討」東京五輪・パラ

2020年11月18日 09:27

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 菅義偉総理は16日、バッハIOC(国際オリンピック委員会)会長の表敬を受けて後、記者団に東京オリンピック・パラリンピックでの新型コロナウイルス感染症感染防止対策に関して意見交換した際「観客の参加を想定した様々な検討をしていると説明した」と語った。

 そのうで菅総理は「バッハ会長との間で、安全・安心な大会の実現に向け、今後とも緊密に連携していくことで一致した。極めて有意義なやり取りができた」と述べた。

 また東京オリンピック・パラリンピックに関して、菅総理は「人類がウイルスの戦いに打ち勝った証として、そして、東日本大震災から復興しつつある姿を世界に発信する復興オリンピック・パラリンピックとして、来年の東京大会の開催を実現する決意である旨を伝えた」と述べた。

 これに対して、バッハ会長からは「東京大会は世界全体に資するものであり、東京大会を必ず実現し、成功させる旨の発言があった」と語った。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
デジタル庁設置へ来年の通常国会に法案提出へ
旅館・ホテル倒産急増。既に前年件数を上回る。コロナ関連倒産が半数
オリンピック、「予定通り開催」が3割、大会成功への備えは「コロナ対策」7割超

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード菅義偉東京オリンピック新型コロナウイルス

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 新型ソリオ発表会の様子。(画像: スズキの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース