国際 RSS

 

デンマーク、国内のミンク1500万匹以上を殺処分へ 変異型ウイルスが人に感染

2020年11月6日 09:21

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

デンマークでは、ミンクにもCOVID-19の感染が広がっていたことから、政府は北ユラン地域のミンク100万匹以上の殺処分を指示していたという話があったが、結局100万匹の殺処分だけでは収まらなかったようだ。デンマークのメッテ・フレデリクセン首相は4日、国内のミンクすべてを殺処分すると発表した。ミンク毛皮輸出国である同国では、少なくとも計1500万匹のミンクが飼育されていたという(AFPBB News 共同通信)。

この殺処分の背景には、ミンク農場への感染拡大と感染したミンク内でウイルスが突然変異し、さらにその突然変異したウイルスが人間に感染してしまう例が出ているためだという。こうした変異したウイルスに感染した人はすでに12人確認されているとのこと。デンマーク政府は、この変異種が現在開発されるワクチンの有効性を危険にさらす可能性があるとして殺処分を決めたとしている(Bloomberg)。 

スラドのコメントを読む | 医療

 関連ストーリー:
咳の音声からCOVID-19感染をAIを利用して判定する技術 2020年11月05日
イギリス版Go To Eatが新型コロナクラスターの原因となった。ウォーリック大学調査 2020年11月04日
30、31日の横浜スタジアムでのコロナ対策に関する技術実証実験、入場数が実験の目標数に届かず 2020年11月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードデンマーク

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 「Zaim 一生黒字プラン」の画面イメージ。(画像: Zaimの発表資料より)
  • ジープ・グランドチェロキー「WK 10th Anniversary Edition」(画像: FCAジャパン発表資料より)
  • 紙容器に切り替える弁当(ローソン発表資料より)
  • 200mmワイドナビゲーション取り付けイメージ(画像:株式会社カナック企画発表資料より)
  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース