マザーズ先物概況:続落、直近上昇銘柄が重し

2020年10月30日 16:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:15JST マザーズ先物概況:続落、直近上昇銘柄が重し
30日のマザーズ先物は前日比46.0pt安の1159.0ptとなった。なお、高値は1203.0pt、安値は1148.0pt、取引高は12317枚。本日のマザーズ先物は、米国市場が反発したものの、ナイトセッションがマイナスで取引を終了した流れを引き継ぎ続落でスタートした。現物株の寄り付き後は、直近上昇した時価総額上位のJTOWER<4485>やマクアケ<4479>が大幅安したことが重しとなり、マザーズ先物は一時、57.0ptの下落となった。しかし、昨日に好決算を発表した時価総額上位のJMDC<4483>やJストリーム<4308>が上昇し相場を下支えしたことや、フリー<4478>や弁護士ドットコム<6027>が引けかけて底堅い値動きで推移したことから、マザーズ先物は下げ縮小して本日の取引を終了した。《FA》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 宇宙からのライブ配信によるカウントダウン映像の想像図 (c) KIBO宇宙放送局
  • (c) 123rf
  • 「魔女がいっぱい」(c) 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
  • 「日産ギャラリー ウインターイルミネーション2020」で展開される「クリスマスデコレーション I2V SPOT」(画像: 日産自動車発表資料より)
  • 「ランキング通知」の画面イメージ。(画像: LINE証券株の発表資料より)
  • 新型ソリオ発表会の様子。(画像: スズキの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース