NY原油:反落、需要鈍化の思惑広がる

2020年10月24日 07:20

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:20JST NY原油:反落、需要鈍化の思惑広がる
NYMEX原油12月限終値:39.85 ↓0.79

23日のNY原油先物12月限は反落。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は、前営業日比-0.79ドルの1バレル=39.85ドルで取引を終えた。時間外取引を含めた取引レンジは39.57ドル−40.92ドル。ロンドン市場で40.92ドルまで買われたが、ニューヨーク市場では、リビアの輸出拡大、欧州におけるウイルス感染の増加、米国の石油掘削装置稼働数は5週連続で増加したことから、需要鈍化の思惑が広がり、一時39.57ドルまで下落した。《MK》

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース