東京為替:ドル・円は底堅い、ポンドは売り後退

2020年10月23日 16:12

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:12JST 東京為替:ドル・円は底堅い、ポンドは売り後退

23日午後の東京市場でドル・円は104円70銭台と、底堅い値動き。15時に発表された英国の小売売上高など複数の経済指標は予想を上回り、先行きの回復鈍化を懸念したポンド売りは後退している。一方、米株式先物の反落で、リスクオフのドル買いが再燃する可能性もあろう。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円67銭から104円94銭、ユーロ・円は123円41銭から124円02銭、ユーロ・ドルは1.1787ドルから1.1824ドル。《TY》

関連記事