オールバーズ、初のアパレルライン「オールバーズアパレル」発売

2020年10月21日 20:27

小

中

大

印刷

記事提供元:アパレルウェブ

 オールバーズは、環境にとって適切な方法で作られたモダンミニマリズムコンセプトをシューズ製品の枠からさらに広げることになる。オールバーズの特徴であるシンプルなデザイン、高品質な自然素材、そしてサステイナビリティへの取り組みを活用して、ミッションを持ったアパレルラインを展開する。オールバーズアパレルは快適性、機能性、デザイン、そして地球への配慮においてより良い品質を求める。
 最初のコレクションに含まれるTrinoXO™ Tシャツ、ウールジャンパー、カーディガン、そしてTrinoXO™パファーは自然への回帰だけでなく、自然素材の進化を示しています。各製品のカーボンフットプリントが記載された世界初のアパレルラインであり、最先端技術で作られたクラシックな服は、次世代の自然素材活用と伝統的手法や素材を組み合わせて作られている。オールバーズアパレルはブランドの理念である「right amount of nothing(ちょうど良い何も無さ)」を体現する、微細でありながら特徴的で、高級感のあるラインとなる。


Men’s(左)Women’s(右) /TrinoXO™ Tシャツ(10月20日(火)発売)

価格:¥6,300(税込)


Men’s(左)Women’s(右) /TrinoXO™パファー(11月初旬発売)

価格:¥33,000(税込)
公式ECサイト:allbirds.jp

※この記事はアパレルウェブより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • モーガン・エアロ 1922年式 (c) sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース