大企業が棄てた技術で作った1万円以下のハイレゾイヤフォンがテレワーカーの間で人気に

2020年10月9日 09:10

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 2020年10月7日のおはbiz「ハイレゾイヤホン ヒットの秘密はガラケー」によると、群馬県高崎市のo2aidの積層圧電スピーカーとマグネチックスピーカーを同軸配置して広い音域を実現したハイレゾイヤフォンintime碧(SORA)lightがテレワーカーに人気であるが、その技術の発祥が注目されている。

ここで使われている積層圧電スピーカーは、元々は京セラスマートソニックレシーバーとして展開して自社の携帯電話に搭載おり、高音域の特性がよくノイズを防ぎやすいことから聴覚障害者に人気であったが、欠点として低音域の特性に難があり、2018年頃に発売したガラホKYF38や高齢者向けスマホBASIO3を最後に普通のマグネチックスピーカーに戻しているが、o2aidではこれをマグネチックスピーカーを組み合わせることで解決したとのことです。

  情報元へのリンク

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | テクノロジー | ハードウェア | 音楽

 関連ストーリー:
米税関・国境警備局、OnePlus Buds Whiteを偽の「AirPod」として押収 2020年09月15日
米国でテレワーカーをターゲットにした詐欺が横行。偽VPNページにアクセスさせて情報搾取 2020年08月28日
Amazon、新Echoや無線イヤホン、Alexa対応眼鏡などを発表 2019年09月27日
日本のテレワーカーは25人に1人 2002年07月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード京セラハイレゾ

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
  • おとめ座付近にある多数の恒星によるシェル状構造 (c) レンセラー工科大学
  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース