セガの『龍が如く』がハリウッドで実写映画化へ

2020年10月1日 19:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

セガのゲーム「龍が如く」がハリウッドで実写映画化されるそうだ(龍が如くスタジオ公式ファミ通4Gamer.net)。

龍が如くスタジオ総合監督の名越稔洋氏がTwitterや9月27日に放送された情報番組「セガなま~セガゲームクリエイター名越稔洋の生でカンパイ~などで言及したそうだ。制作はハリウッドの1212 EntertainmentとWild Sheepとセガが提携して行うという。現在は制作会社と協議をして出演者の構成を決めている段階であるようだ。

ただ同氏は 「(名越氏が)納得がいかなかったら、やりたくないということを全面に押し出して話をしている。基本的には(作品に)口を出して、ちゃんとしたものを作るという前程で、覚悟してやります」

 とも話していたそうで、名越氏が座組が納得いかなかったら流れてしまう可能性もゼロではなさそうだ。

 スラドのコメントを読む | 映画 | ゲーム | 娯楽

 関連ストーリー:
「シャーロック・ホームズ」シリーズ最後の10作品で複雑に変化したホームズの人物像は著作権保護されるとの主張 2020年06月28日
セガ、「ゲームギアミクロ」を発表 2020年06月03日
インドで発見された新種のヘビ、ハリー・ポッターの「スリザリン」にちなんだ名前がつけられる 2020年04月24日
映画版ソニック、米国では「名探偵ピカチュウ」を上回る初動 2020年02月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告