新晃工業 3DCADシステムを独自開発、設計・生産プロセスの改革へ

2020年9月30日 17:59

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*17:59JST 新晃工業---3DCADシステムを独自開発、設計・生産プロセスの改革へ
新晃工業<6458>は25日、3DCADシステムを独自開発したと発表。

同社の製品は、個々の条件により外形寸法も仕様も一品一様の設計を求められる。そのため、仕様データ入力から設計・提案・生産までには多くの時間を要し、設計意図の確認作業や品質確保の検査に多くの労力を必要とする点が従来の課題となっていた。

今回開発した3DCADでは、機器設計における設計ルール・手順を全てデータ化することが可能となった。パラメトリックに機器の外形寸法を変える事ができ、同時に生産に必要な加工データを出力することができる。

設計から生産まで一気通貫でデータを管理し、あらゆる部署がシームレスに3次元情報を活用する仕組みを構築。さらに、次の設計にデータ活用するサイクルにつなげることで、経験に左右されずに高い品質を確保し、生産性の向上を目指すとしている。《ST》

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
  • おとめ座付近にある多数の恒星によるシェル状構造 (c) レンセラー工科大学
  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース