「ぷよぷよeスポーツ」アップデートで色覚多様性に対応

2020年9月30日 18:01

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

セガの「ぷよぷよeスポーツ」が色覚多様性に対応したそうだ。色を感じる細胞に関しては人によって差があるが、その働きが弱い人は以前は「色盲」「色弱」「色覚異常」などと表現されていた。現在は日本遺伝学会の用語改訂により、「色覚多様性」という用語に統一されているという(セガ公式アカウントGAMEクロス)。

セガの「ぷよぷよeスポーツ」がこうした色覚多様性に対応するためのアップデートを行ったと報じられている。ぷよぷよeスポーツは、ジャパン・eスポーツ・プロライセンスに認定タイトルとして登録されている。今回の大型アップデートで、「3色覚」「1型2色覚」「2型2色覚」「3型2色覚」などの色覚多様性に対応しているほか、「色のつよさ」も設定できるようにしたという。

そのほかの工夫として、ぷよが落下中の点滅効果を削減したほか、形状での判別がしやすいように、ぷよの形状を16種類にまで増やしたとしている。大型アップデートでは、そのほかの機能として「きがるにたいせん」モードで行われている他のプレイヤーの試合を観戦できる「かんせん」モードや、対戦中のプレイヤーを応援する機能、「オートプレイ」機能の追加などが行われている。 

スラドのコメントを読む | ゲーム | スポーツ

 関連ストーリー:
Razer、ゲーマーの集中力と反応速度を維持し、味も長持ちするというチューインガムを発表 2020年09月11日
NVIDIA、Ampereアーキテクチャ採用新型GPU「GeForce RTX 30」シリーズを発表 2020年09月02日
米軍のTwitchチャンネル、怪しい賞品による入隊勧誘が禁じられる 2020年07月19日
中国政府、ブロガーやeスポーツを大学卒業生の職業として正確にカウントするよう通達 2020年07月11日
F1、中止になった数戦に代わりeSportsによる「バーチャルF1」を開催 2020年03月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告