マザーズ指数は反落、直近IPOにも利食いの動き、rakumoの初値は持越し/マザーズ市況

2020年9月28日 16:17

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:17JST マザーズ指数は反落、直近IPOにも利食いの動き、rakumoの初値は持越し
 本日のマザーズ指数は反落となった。朝方は米株高の流れからやや買いが先行したものの、外部環境の不透明感から上値は重く、前場に節目の1200ptを割り込む場面も。その後、後場に入ると利益確定の動きもあり、マザーズ指数もさらに下げ幅を拡大して一時1169.71ptをつけた。大引けにかけてやや持ち直したものの、基本的には利食い優勢で主力市場に資金が向かった一日だった。なお、マザーズ指数は反落、売買代金は概算で2418.68億円。騰落数は、値上がり114銘柄、値下がり208銘柄、変わらず3銘柄となった。
 個別では、直近IPO銘柄のトヨクモ<4058>がマザーズ売買代金トップにランクイン。朝方は買いが先行したものの、後場にやや崩れる展開。トヨクモの他、サンアスタリスク<4053>、ニューラルポケット<4056>、ティアンドエス<4055>など直近IPO銘柄の下げが目立った。東証が28日売買分から信用取引に関する臨時措置を実施するITbookホールディングス<1447>や足下でリバウンド基調が継続していたAiming<3911>などの下げも大きかった。その他、BASE<4477>、メルカリ<4385>、AIinside<4488>、GNI<2160>、HENNGE<4475>などが売られた。一方、後場に下げ幅を縮めたものの直近IPOのI-ne<4933>がプラス圏を維持した他、東証が28日売買分から信用取引の臨時措置を解除するジモティー<7082>などが上昇。その他、ロコンド<3558>、ホープ<6195>、フリー<4478>、カオナビ<4435>などが買われた。
 なお、本日マザーズ市場へ新規上場となったrakumo<4060>の初値は持越しとなった。《FA》

関連記事