川崎市の野球場予約システムで不正アクセス多発 紙での申し込みに変更

2020年9月25日 09:28

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

川崎市の野球場ネット予約システムに不正アクセスが相次いで使用不能になっているそうだ。同市では市民の野球場予約に関しては、川崎市公共施設利用予約システム(ふれあいネット)による利用申込を行っていたものの、7月から第三者からの不正なログイン試行によりアカウントがロックがされる事例が多発したという(川崎市その1川崎市その2毎日新聞)。

毎日新聞によると、このシステムはユーザーアカウントは7桁の利用者番号が割り当てられており、暗証番号を5回間違えると利用できなくなるようになっていたとされる。7月の初めから不正なログイン試行が増え、利用者からアカウントロックされたとの苦情が相次いだそうだ。調査によると不正な接続は1000万回以上確認されたとしている。

このため、川崎市は住所や氏名、メールアドレスを登録する別のシステムを導入したが、8月は9万件以上、9月は5日までに15万件を超える不正なアクセスが起きていたとしている。このため川崎市はネットシステムでの受付を休止し、専用の申込用紙を使ったものに変更したとしている。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | 犯罪 | ソフトウェア | インターネット | スポーツ | IT

 関連ストーリー:
宿泊予約サイトで予約後無断キャンセルすることでポイントを稼ぐ手口を繰り返した親子が逮捕される 2020年01月23日
完成の遅れているAtari VCS、開発者が辞任との報道 2019年10月14日
日産レンタカーWebサイトでメールアドレスと氏名、電話番号から生パスワードを取得できる問題が見つかる 2017年04月13日
不明瞭な食べログの評価スコア、一斉修正が話題に 2016年09月26日
三菱電機元社員、架空発注で同社から約2000万円をだまし取ったとして逮捕へ 2016年06月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告