JR西日本ら3社、「どこでもドアきっぷ」発売 新型コロナ影響のテコ入れ策

2020年9月19日 09:26

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

JR西日本は9月18日から「どこでもドアきっぷ」を発売するそうだ。映画ドラえもんとのタイアップ企画で、発売期間は9月18日から12月17日、利用期間は10月1日から12月25日となっている。新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ需要を格安のキャンペーンで取り戻したいのだという(JR西日本:映画ドラえもん公開記念 “「どこでもドア」で、どこいこう。”キャンペーン[PDF]トラベルボイス)。

どこでもドアきっぷには2種類が用意されており、一つはJR西日本全線の2日間乗り放題のもので、料金は大人が土休日に利用できるものが1万2000円、平日は1万5000円、子どもは2000円。もう一つは、JR西日本・四国・九州全線と智頭急行線の特急(新幹線を含む)、JR西日本宮島フェリーが全線3日間乗り放題になるタイプで、こちらは料金は土休日で1万8000円、平日2万円、子ども3000円となっている。

両方ともに6回まで指定席を利用できるという。ただし、子どもだけでの利用はできない。なお、発売条件としていずれも2人以上が同一行程で利用することが条件になるとしている。 

スラドのコメントを読む | ビジネス | ニュース | 変なモノ | 交通 | お金

 関連ストーリー:
JR東日本、QRコードで利用可能な改札機の実証実験。スマホの画面や紙の券でも利用可能 2020年09月10日
JR東日本、来年春のダイヤ改正で首都圏の終電を30分程度繰り上げ 2020年09月03日
無人駅が郵便局と合体して有人駅に。券売などの運営は郵便局主体で 2020年09月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードJR西日本ドラえもん新幹線新型コロナウイルス

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
  • おとめ座付近にある多数の恒星によるシェル状構造 (c) レンセラー工科大学
  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース