NY外為:ドルもみ合い、FOMCは予想通り政策据え置き決定、ゼロ金利は23年末まで維持

2020年9月17日 04:13

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*04:13JST NY外為:ドルもみ合い、FOMCは予想通り政策据え置き決定、ゼロ金利は23年末まで維持
米連邦準備制度理事会(FRB)は連邦公開市場委員会(FOMC)で市場の予想通りゼロ金利を量的緩和(QE)を維持することを決定した。FRBはインフレ、最大限の雇用達成まで緩和姿勢を維持し、全手段を利用していくと公約。必要とあれば手段を修正する方針を再確認した。

また、新指針発表後、最新のFRBスタッフ予測ではゼロ金利を2023年末まで維持することを予想している。市場よりもハト派姿勢が示され一時ドル売りが優勢となったが、米債利回りが上昇に転じるとドル売りが後退。

結果を受けて米国株式相場は上げ幅を一時拡大。ドル・円は105円00銭を挟んだもみ合い。ユーロ・ドルは1.1854ドルまで上昇後、1.1788ドルまで反落した。

【金融政策】
・米連邦公開市場委員会(FOMC)
・政策金利(フェデラルファンドFF金利の誘導目標)を0.00-0.25%に据え置き決
定《KY》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース