東京医科歯科大、マウスのES細胞から1ミリサイズのミニ心臓を作製

2020年9月16日 19:22

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 東京医科歯科大などのチームが、マウスのES細胞を使って直径1ミリ程度の「ミニ心臓」(心臓オルガノイド)を作製することに世界で初めて成功したそうだ(東京医科歯科大NHK)。

胎児の心臓ができる際に多く見られるラミニン等のタンパク質を高濃度に加えて培養、心臓発生に適合した条件を構成することで、マウスのES細胞は心筋細胞などに変化、11日目に直径1ミリ程度の小さな心臓のようなものができたとのこと。このミニ心臓は、実際の心臓と同じく心房や心室などを持ち、機能面でも拍動且つ筋収縮制御が発生しているほか、本物の心臓で発生する心房から心室への興奮の伝播なども再現されているという。

同研究チームでは、薬剤安全性評価などに利用できる可能性があるとしている。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | テクノロジー | バイオテック | サイエンス

 関連ストーリー:
ロシアの特殊部隊が使う防弾シールドには男子小便器と同じ仕掛けがしてある 2020年09月07日
ベルギー市内の噴水から心臓の入った黒い小箱箱が見つかる。100年以上にわたってその存在が示唆される 2020年09月04日
米オークリッジ国立研のスパコン解析で、COVID-19の「ブラジキニン仮説」検証が進む 2020年09月04日
COVID-19から生還したアメリカの70歳男性、112万ドルの請求書を送りつけられる 2020年06月16日
5G携帯電話による植込み型心臓ペースメーカー・除細動器への影響はないとの調査結果 2020年03月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告