FOMC声明で米中分断の経済的な影響について言及するか?

2020年9月16日 14:31

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*14:31JST FOMC声明で米中分断の経済的な影響について言及するか?
 FOMCの会合結果は、日本時間17日未明に判明するが、市場参加者の間からは「金利に関するガイダンスが変更されても驚かない」との声が聞かれている。ガイダンス変更を予想する投資家は多くないようだが、声明で将来的な追加緩和の必要性について言及した場合、長期金利や為替相場は相応の反応を示す可能性がある。

 なお、一部の市場関係者は、「今回のFOMC声明には米中関係の大きな変化は金融政策に強い影響を与えるとの見解が含まれる可能性がある」と指摘している。「米中分断(デカップリング)」の可能性を市場が改めて意識した場合、ドル売りがやや強まる可能性がある。《MK》

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
  • (画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 音声解析AI電話「MiiTel(ミーテル)」の自動文字起こしイメージ。(画像: レブコムの発表資料より)
  • ウシオ電機が開発した紫外線装置「Care222」(画像: ウシオ電機の発表資料より)
  • 新型「LS」(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース