野村證券の元社員が転職先に顧客情報を流す

2020年9月15日 19:02

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

野村証券は10日、元社員によって同社の顧客の取引情報が、競合他社である日本インスティテューショナル証券に流出していたと発表した(野村証券Bloomberg日経新聞)。

流出件数は法人顧客275社分の情報だという。野村証券と取引がある金融機関の上場投資信託(ETF)の取引状況などの情報が、今年の1~7月までの期間に複数回に渡って流出したことが分かっている。流出経路についても判明しており、野村證券にいた部長が元部下2名に情報を与えていたとされる。野村証券は法的措置を含めた対応も検討するとしている。

野村証券と日本インスティテューショナル証券は、情報の二次流出等は確認されていないとしている。 

スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | お金 | 情報漏洩

 関連ストーリー:
国内企業38社のVPNパスワードがダークウェブ上で出回る 2020年08月25日
noteで投稿者のIPアドレスが閲覧できる問題が発生。そこから5ちゃんねるなどの書き込みが検索される事態に 2020年08月17日
Intelから大量の機密データが流出。Kabylake関連のサンプルコードなども含まれる 2020年08月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード転職

関連記事