アイル 20年7月期も2ケタ増収・大幅な増益、研究開発強化を継続

2020年9月7日 13:49

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:49JST アイル---20年7月期も2ケタ増収・大幅な増益、研究開発強化を継続
アイル<3854>は4日、2020年7月期連結決算を発表した。売上高が前期比20.5%増の126.79億円、営業利益が同78.8%増の17.00億円、経常利益が同76.3%増の17.15億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同91.5%増の11.89億円となった。

販売実績について、「リアル」面では、主力のパッケージソフトウェア「アラジンオフィス」の商品力の強化を、業種別に継続して進めた。販売面でもパートナー企業との連携に加え、東京、大阪、名古屋において「アラジンオフィス」の業種別セミナーを開催し、豊富な業種別の導入事例をもとに顧客毎に最適なシステム活用方法を提案し、受注実績も順調に推移した。収益面については、2019年10月に実施された消費税率の改定や2020年1月をもってのWindows7サポート終了等により、受注は大幅に増加しており、前期から継続して売上高、利益共に大幅に増加した。

「Web」面では、複数ネットショップ一元管理ソフトである「CROSS MALL」について、新たなショッピングモールとの連携開発を継続して取り組んだ。引き続き、複数モールとの連携機能強化を行うとともに、既存の顧客から機能面における要望を収集し、迅速に新機能として反映させることで、商品力を向上させ販売実績を伸ばしていくとしている。また、ネットショップと実店舗のポイント・顧客一元管理ソフトである「CROSS POINT」も、販売実績を伸ばしている。

当期においても、継続して製品の開発に注力しており、将来における新たな技術開発による市場競争力向上に向け、研究開発費0.40億円を計上している。島根県松江市の研究開発拠点である「アイル松江ラボ」では、プログラミング言語「Ruby」によるシステム強化の活動を本格的に始動しており、今後は研究開発人員を増加し、研究開発活動の強化を図っていくとしている。

2021年7月期通期の連結業績予想については、特需の反動により売上高が前期比2.6%減の123.50億円、営業利益が同29.4%減の12.00億円、経常利益が同28.5%減の12.26億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同34.0%減の7.84億円を見込んでいる。《ST》

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース