ライフ RSS

 

オンライン英会話で良い講師を見極めるための3つのポイント

2020年9月1日 11:56

小

中

大

印刷

 オンライン英会話の普及が進み、今ではさまざまなサービスが利用できるようになった。また、サービスが増えるにつれて講師の裾野も広がり、ユーザーにとっては豊富な選択肢があるという、喜ばしい状況である。

【こちらも】オンライン英会話で美女やイケメンと楽しく会話! その仕組み・メリットとは?

 ただ、講師の数が増えるにつれて、その質にも大きなばらつきが見られるようになったのも確かなことだ。またユーザーとしては、講師の質も重要だが、講師との相性も無視できない要素である。今回は、恒常的な英語力アップのために、オンライン英会話で講師を見極める3つのポイントをお伝えしよう。

■レッスン中comfortableでいられる

 第1のポイントにして最も重要なことは、自分がcomfortableに感じられる講師であるということだ。comfortableとは「気持ちの良い」や「心地よい」、「快適な」という意味だが、要は、その講師と話していてリラックスできるかどうか、ということを重視してもらいたい。

 余計な緊張を強いられる、もしくは、なんとなく居心地が悪く感じるような講師が相手では、脳が学習に最適なモードにならないからだ。そうさせてくれる講師は、傾聴や共感に長けている。初回のレッスンでは、そんなところに注目して講師との相性を見極めてみよう。

■誤りを指摘するタイミングが良い

 英会話のレッスンでは、講師は、生徒の英語に誤りがあった時にそれを訂正する。当然のことであり、生徒もそれを期待しているわけだが、生徒が間違うたびにいちいち訂正してくる講師はあまり優秀とは言えない。

 良い講師とは、生徒が長く話し続けられるように会話を誘導できる講師である。もちろんレッスンだから誤りの訂正は必要だが、そのタイミングが重要なのだ。話が一段落ついてから訂正してくれて、そのフィードバックをすぐ次の会話に活かせるように工夫してくれる講師がベストである。

 またこれと関係して、記憶力が良いことも、良い講師の条件である。前回、前々回のレッスン内容を踏まえて次のレッスンプランを考えてくれ、こちらが以前の弱点を克服した時は、すぐにそれと気づいて褒めて伸ばしてくれる講師が理想である。

■コンフォートゾーンから引き出してくれる

 3つ目のポイントは、常に新しい刺激を与えて、生徒をコンフォートゾーンから引っ張り出してくれることだ。リラックスできることは大切だが、同じような内容のレッスンばかりでマンネリになってしまっては成長が止まってしまう。

 生徒の実力よりもやや高いレベルのレッスンを提供し、常に成長を促してくれる講師が最高だろう。同じ講師とのレッスンに行き詰まりを感じた時は、生徒側から新しい素材などをリクエストしてみるのも良い。(記事:ムロタニハヤト・記事一覧を見る

関連キーワード英会話

関連記事

広告