新型コロナで利用頻度減った社用車 カーシェアリングしようという試み

2020年8月26日 08:44

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

新型コロナウイルスの影響で、リモートワークが増えたり、営業が外に出る機会が減ったことから、企業の持つ社用車が使われないまま放置されていることが増えているそうだ。しかし、使わなくても維持費は必要となる。そこで、こうした余っている法人車両をカーシェアリングして貸し出そうという実証実験が行われるらしい(リリース日経新聞レスポンス)。

実験を行うのは「DeNA SOMPO Mobility」の運営するカーシェアサービス「Anyca(エニカ)」で、実証実験は8月から2021年3月までの期間行われるとしている。これまでも2019年11月からクローズドな実証実験を行ってきたという。同社は自治体や企業所有の車両を、業務で使用していない時間帯に使用できるよう登録を呼びかけていくそうだ。1事業所ごとに3台までの車両が登録が可能とのこと。 

スラドのコメントを読む | ビジネス | 交通

 関連ストーリー:
カーシェア、仮眠場所や電話ボックス代わりとしても活用される 2018年01月12日
多くの人が完全自動運転車には乗りたくない、米Gartnerの調査結果 2017年09月05日
2030年には米国内の走行距離の25%分が自動運転車によって運転されるという予測 2017年04月15日
カーシェアリングが普及すると車の所有数だけでなく排気ガスも減少するという調査結果 2016年07月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードカーシェアリング新型コロナウイルス

関連記事

広告

財経アクセスランキング