米7月シカゴ連銀全米活動指数、6月の過去最高水準から予想以上に低下、ドル弱含む

2020年8月24日 22:09

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*22:09JST 米7月シカゴ連銀全米活動指数、6月の過去最高水準から予想以上に低下、ドル弱含む

米国の7月シカゴ連銀全米活動指数は1.18と、1967年以降で最高となった6月5.33から低下し、予想3.70を下回った。

ドル・円は105円84銭の高値から105円79銭まで弱含んだ。ユーロ・ドルは1.1832 ドルから1.1845ドルへ強含んだ。

【経済指標】
・米・7月シカゴ連銀全米活動指数:1.18(予想:3.70、6月:5.33←4.11)《KY》

関連記事

広告

財経アクセスランキング