住信SBIネット銀行、Android版アプリの不要な権限取得を謝罪

2020年8月21日 21:19

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

住信SBIネット銀行が8月14日のリリースで、Android版アプリの権限取得についてのリリースを出した。このリリースでは、本来は不要なはずの「電話の発信と管理」、デバイス内の写真やメディアへのアクセス」について、「スマート認証NEO(FIDO認証を使ったもの)」の仕様によるものであると説明、ユーザーに理解を求める内容だった(やじうまWatch8月14日のリリース8月18日のリリース)。

しかし、事実とは異なる内容からネット上で炎上していたという。ネットでの批判を受けて同銀は権限関係の修正スケジュールを発表。かつFIDO認証についても説明に間違いがあることを認めるリリースを18日に発表した。このリリースでは、「写真と動画の撮影」の権限に関しては8月末から9月上旬に削除、「電話の発信と管理」・「デバイス内の写真やメディアへのアクセス」権限の削除は9月中旬から下旬に削除する予定であると発表している。

14日のリリースから約4日間という短期間での対応を評価する声が出ているようだ。また14日のリリースについても、権限修正について告知した上で、修正前の原文が分かるように掲載をしている点も評価されている模様。 

スラドのコメントを読む | YROセクション | ビジネス | YRO | Android | プライバシ | お金

 関連ストーリー:
住信SBIネット銀行の勘定系、2月23日の障害から別DCで代替運用中、土日に切り戻しへ 2020年02月29日
電源故障で電力供給が4分間停止、日本IBMのデータセンター障害 2020年02月25日
住信SBI、脱オラクル・AWS活用でコスト8割減を見込む 2019年07月17日
国内47金融機関、ブロックチェーン技術を使ったクラウド型決済システムを開発 2017年03月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAndroid

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • エクリプスクロスPHEV(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • スズキ・クロスビー「HYBRID MZ」(画像:スズキの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース