NY債券:米長期債相場はもみ合い、景気回復のペースは鈍化傾向

2020年8月15日 07:59

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:59JST NY債券:米長期債相場はもみ合い、景気回復のペースは鈍化傾向
14日の米国長期債相場はもみ合い。この日発表された7月小売売上高は市場予想を下回る伸びにとどまったことから、長期債利回りは上げ渋った。その後発表された8月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値は市場予想をやや上回ったものの、景気回復のペースは鈍化傾向との見方は変わらず、債券利回りの反発を抑えた。週末に予定されていた貿易合意に関する米中協議は無期延期となったことも、債券利回りの上昇を抑制する一因となった。10年債利回りは、0.690%近辺から0.713%近辺の範囲内で推移。

イールドカーブはスティープニング気配で推移。2年−10年は+56.60bp近辺、2年−30年は+130.40bp近辺で引けた。2年債利回りは0.15%(前日比:-1bp)、10年債利回りは0.71%(同比:-1bp)、20年債利回りは、1.20%(前日比:+1bp)、30年債利回りは1.45%(同比:+2bp)で取引を終えた。《MK》

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース