NY外為:ドル軟調推移継続、米債利回り低下、小売売上高の伸び鈍化で

2020年8月15日 00:34

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*00:34JST NY外為:ドル軟調推移継続、米債利回り低下、小売売上高の伸び鈍化で
NY外為市場でドルは米債利回りの低下に伴い軟調に推移した。ドル・円は106円44銭まで下落し12日来の安値を更新。ユーロ・ドルは1.1830−35ドルで高止まりとなった。ポンド・ドルは1.3142ドルまで上昇後、1.3095ドルまで反落。ユーロ・円は126円を挟んだもみ合い。

一時100ドル超下落したダウ平均株価はプラスに転じ、10ドル高で推移。米国債相場は堅調で米10年債利回りは0.7%前後で推移した。《KY》

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース