N95防護マスクの消毒に電気炊飯器が使用できる可能性を示す研究成果

2020年8月14日 08:20

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 イリノイ大学アーバナシャンペーン校の研究グループによると、電気炊飯器などの電気式調理鍋を使用してN95防護マスクの防護性能を損なうことなく消毒できたという(イリノイ大学のニュース記事動画SlashGearの記事論文)。

N95防護マスクはCOVID-19パンデミックにより供給不足が続いており、消毒して再利用することも多い。しかし、消毒方法によっては防護性能が大きく低下する可能性があるため、容易で効率的かつ防護性能を損なわない消毒方法の研究が重要になっている。

今回の研究ではN95防護マスクを電気式調理鍋で50分間乾熱滅菌(100℃、湿度5%)することにより、付着させた4種のウイルス(アデノウイルス・レオウイルス・カリシウイルス・コロナウイルス)を少なくとも99.99%以上不活性化できたという。その一方で、滅菌サイクルを20回繰り返した後もN95防護マスクに要求されるフィルター効率(95%)を上回る97%を維持しており、フィッティング性も低下しなかったとのこと。

ただし、研究で使用したのは3MのN95微粒子用マスク1860と、Farberwareの電気式圧力鍋WM-CS60004Wのみ。そのため、他の製品の組み合わせでは結果が異なる可能性もある。なお、実際に使用した鍋の型番はWM-CS6004Wのようだ。実験では炊飯用のプリセットを選択し、鍋底にタオルを敷いた上にマスクを載せて加熱(水は入れない)している。これにより、鍋肌は170℃前後まで上昇するが、マスクの温度は最高100℃前後だったという。マスクが鍋肌に触れると溶けてしまうので注意が必要だ。マスクは複数枚重ねて処理できるそうだ。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 検閲 | サイエンス | 医療

 関連ストーリー:
Seasonic製ATX電源の包装袋、マスクや防護服の資源である不織布の使用を取りやめ 2020年07月28日
ドナルド・トランプ米大統領、公の場でマスクを着用した姿を初めて見せる 2020年07月14日
マスクの紫外線除菌ケースが3万個も売れていたことが判明 2020年07月14日
スマホと連携するスマートマスクが開発される 2020年07月07日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告