前日に動いた銘柄 part1 リボミック、扶桑薬品工業、エイチ・アイ・エスなど

2020年8月12日 07:15

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*07:15JST 前日に動いた銘柄 part1 リボミック、扶桑薬品工業、エイチ・アイ・エスなど
銘柄名<コード>11日終値⇒前日比
リボミック<4591> 626 +100
新型コロナ治療用アプタマー開発におけるヒット化合物取得。

扶桑薬品工業<4538> 2589 +143
第1四半期営業利益は前年同期比2倍に。

メニコン<7780> 5380 +240
未定としていた今期業績予想を発表、第1四半期営業利益は7%増。

栄電子<7567> 499 +64
第1四半期営業利益は前年同期比81%増。

明和地所<8869> 450 +59
新型コロナによる引き渡し時期の期ずれにより第1四半期営業利益は10.2倍に。

ディーエムソリュ<6549> 961 +150
5万9800株の立会外分売を発表、上期営業利益を上方修正。

DIC<4631> 2593 -76
通期営業利益予想や年間配当予想を下方修正。

ウィルグループ<6089> 699+100
過度な目先の業績落ち込み懸念が後退。

ダントーHD<5337> 184 +41
通期業績上方修正で最終黒字に。

アクセル<6730> 948 +150
第1四半期は予想外の収益急拡大に。

飯田GHD<3291> 1992 +312
第1四半期減益決算も想定線であく抜け感先行。

蛇の目ミシン工業<6445> 643 +100
今期大幅増益見通しを発表で。

エーザイ<4523> 9811 +1185
アルツハイマー治療薬申請を米FDAが正式受理。

TOYO TIRE<5105> 1709 +202
今期見通しはコンセンサスやや下振れも保守的との見方。

JMS<7702> 885+90
4-6月期の高い業績変化率を好感。

スプリックス<7030> 792 +89
第3四半期累計経常益は通期計画を超過。

GameWith<6552> 659 +72
短期資金中心の展開とみられるが目立った材料は観測されず。

セントケアHD<2374> 477 +49
第1四半期大幅増益や増配を好感。

三井金属鉱業<5706> 2610 +276
上半期上方修正で赤字幅縮小へ。

日精エー・エス・ビー機械<6284> 3630 +405
大和証券では投資判断を格上げ。

チャームケア<6062> 861 +69
今期の2ケタ増益増配見通しを評価。

アイフル<8515> 255 +23
第1四半期変化率や好進捗率を評価。

テクノプロHD<6028> 6310 +720
前期増益決算や増配を好材料視。

大平洋金属<5541> 1718 +157
今期の2割経常増益をプラス視。

エイチ・アイ・エス<9603> 1558 +197
底打ち感からの買い戻し優勢の展開が続く。

ヒューリック<3003> 1021 +103
不動産セクター上昇の流れが波及へ。

共立メンテナンス<9616> 3325 +295
第1四半期赤字幅は想定よりも小幅。《FA》

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース